Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メルマガシステムで不具合、メルアド流出など発生 - カー用品事業者

カー用品や自動車部品を販売しているジャオスは、メールマガジンを宛先のアドレスを表示した状態で繰り返し送信していたことを明らかにした。

誤送信が発生したのは、4月4日18時半ごろに配信されたメールマガジン「JAOS INFOMATION」。メール配信システムの不具合が原因で、宛先の会員メールアドレスを記載した状態で、繰り返し大量に送信される状況が発生したという。

誤送信されたメールの件数は会員によって異なり、数十通から多い場合は数百通に及ぶという。メールアドレス以外の情報は含まれていなかった。

同社では今回の問題を受け、メール配信システムを刷新。送信前のチェックを強化するなど再発防止に取り組むという。

(Security NEXT - 2014/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
入試受験予定者への案内メール誤送信でメアド流出 - 兵庫大
株主優待の案内メールで誤送信 - 送信先リストを添付
保守契約顧客向けメールで誤送信、メアド2250件流出 - 日本オーチス
メール誤送信で宿泊予約者のメアド流出 - 松本マラソン
情報提供メール1450件を誤送信、メアドが流出 - 機器販売会社