Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、「MAM/MCM利用ガイドβ版」を公開 - ベンダー間で差異ある考え方を統一

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、「MAM/MCM利用ガイド」のベータ版を公開し、パブリックコメントの募集を開始した。

MAM/MCM利用ガイド
「MAM/MCM利用ガイド」。「MAM」や「MCM」について理解しやすいよう統一した考え方を示した

スマートフォンの普及により、私物端末を業務で利用する「BYOD」に注目が集まり、端末上のアプリケーションを管理する「MAM(Mobile Application Management)」や、コンテンツを管理する「MCM(Mobile Contents Management)」といったサービスが登場している。

一方で同じ用語を使いながらも、提供するベンダーによって、考え方が異なるケースがあることから、同協会技術部会のMAM/MCM利用検討会が、導入する法人がサービスを理解しやすいよう統一した考え方について検討した。

これらサービスの概念やしくみ、アプリケーションやコンテンツのライフサイクル視点から求められる機能要件、利用要件、市場動向などについて取りまとめた。

対象読者は、業務目的で、スマートデバイスを利用する法人において、導入や運用、セキュリティポリシーの策定、コンテンツ管理などを担当する責任者。同協会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

同協会では、今回の公開にあわせてパブリックコメントを実施。同ガイドに対する意見を5月9日まで募集している。

(Security NEXT - 2014/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートデバイス向け「VMware AirWatch Agent」に深刻な脆弱性
スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
「iOS 11.4」では「EFAIL」含む脆弱性35件に対処
ハードや通信を調査する「IoTセキュリティ診断サービス」 - ラック
2018年1Q、仮想通貨発掘マルウェアが急増 - ランサム攻撃は大幅減
Apple、最新OS「iOS 11.4」をリリース - 修正内容は近く公開予定
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
フィンテック関係者向けにセキュリティをテーマとしたセミナー - JSSEC
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染