Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JSSEC、「MAM/MCM利用ガイドβ版」を公開 - ベンダー間で差異ある考え方を統一

日本スマートフォンセキュリティ協会(JSSEC)は、「MAM/MCM利用ガイド」のベータ版を公開し、パブリックコメントの募集を開始した。

MAM/MCM利用ガイド
「MAM/MCM利用ガイド」。「MAM」や「MCM」について理解しやすいよう統一した考え方を示した

スマートフォンの普及により、私物端末を業務で利用する「BYOD」に注目が集まり、端末上のアプリケーションを管理する「MAM(Mobile Application Management)」や、コンテンツを管理する「MCM(Mobile Contents Management)」といったサービスが登場している。

一方で同じ用語を使いながらも、提供するベンダーによって、考え方が異なるケースがあることから、同協会技術部会のMAM/MCM利用検討会が、導入する法人がサービスを理解しやすいよう統一した考え方について検討した。

これらサービスの概念やしくみ、アプリケーションやコンテンツのライフサイクル視点から求められる機能要件、利用要件、市場動向などについて取りまとめた。

対象読者は、業務目的で、スマートデバイスを利用する法人において、導入や運用、セキュリティポリシーの策定、コンテンツ管理などを担当する責任者。同協会のウェブサイトよりPDFファイルにてダウンロードすることができる。

同協会では、今回の公開にあわせてパブリックコメントを実施。同ガイドに対する意見を5月9日まで募集している。

(Security NEXT - 2014/04/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートコントラクト向けの脆弱性モニタリングサービス - NRIセキュア
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
フィッシング攻撃が小規模化、誘導先を次々変化 - 対策製品がまにあわないケースも
「CODE BLUE 2018」カンファレンスがまもなく開催 - 公式アプリも
アプリ「JapanTaxi」、取得した位置情報を削除 - 同意不十分で広告利用
Apple、「iOS 12.1」で31件の脆弱性を修正
「偽警告」「不正ログイン」の相談、減少するも依然多くの相談
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に