Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

確定申告会場でUSBメモリが所在不明に - 安中市

群馬県安中市は、法人の市民税に関する情報を記録したUSBメモリが所在不明になっていることを明らかにした。

3月31日に税務課職員が紛失に気付いたもの。同月13日夜に庁舎内の確定申告会場で誤って廃棄した可能性が高いという。同市では、利用場所を施錠管理していたとして、外部への持ち出しや盗難の可能性については否定している。

所在不明となっているUSBメモリには、法人市民税に関する情報が保存されていたが、個人に関する税情報など一部個人情報を含む可能性もあるという。また保存していたデータは、一時的に利用していたもので、業務への影響はないとしている。

(Security NEXT - 2014/04/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
貸付金の借受人や連帯保証人などの個人情報を紛失、4年前に発生 - 滋賀県