Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

CCIF、「BitTorrent」や「Gnutella」ユーザーにも著作権侵害を注意喚起する啓発メール

著作権侵害対策協議会(CCIF)は、著作権を侵害したコンテンツを公開しているファイル共有ソフトユーザーに対し、削除を要請するメールの送付対象を拡大した。

同協議会では2010年3月より、著作権を侵害したファイルを公開している「Winny」ユーザーに対し、ファイルの削除を要請する啓発メールの送付活動を開始。2011年12月からは「Share」のユーザーも送付対象に追加し、2014年1月までにのべ3万7000ユーザーに啓発メールを送付してきた。

今回、国内で利用されるファイル共有ソフトの種類が多様化している現状を受け、「BitTorrent」と「Gnutella」のユーザーも啓発活動の対象とし、4月より啓発メールの送付を開始した。

(Security NEXT - 2014/04/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「Photoshop CC」に脆弱性、Windows版とMac版に影響
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
事件被害者のカルテを業務と関係なく職員が閲覧 - 島根大病院
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
拡張子「.com」ファイルを用いた攻撃が10月に増加 - 請求書など偽装
公衆無線LANでのVPN利用5.9% - 3割をVPNを知らず
攻撃グループ「White Company」 - あえてセキュリティ製品に検知させ陽動か