Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でスマホアプリ「ミマモール」利用者のアドレス流出 - ユニリングス

スマートフォンアプリ開発やシステム開発などを展開するユニリングスは、メール送信ミスにより顧客のアドレス156件を流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、3月29日に子供のスマートフォン用セキュリティアプリ「ミマモール」のユーザーに対し送信した案内メール。17時4分に77件、17時12分に79件を一斉送信した際、操作ミスにより送信先の全アドレスが表示された状態となった。

同社では同日中に対象となる顧客へ連絡し、謝罪するとともに誤送信メールの削除を要請した。また、メール送信の作業手順を見直し、システムの改善を検討するなど再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2014/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

結婚式招待状の通販サイトに不正アクセス - メアド約2.8万件が流出か
顧客情報619件含むノートパソコンを紛失 - TBM
街頭インタビュー映像や音声のファイルを誤送信 - NHK
個人情報含むPCを電車に置き忘れ、届けられ回収 - 朝日新聞
ふるさと納税寄付者へのメールで誤送信 - 様似町
発電事業者や小売電気事業者のメアド流出 - 中電
メール誤送信で利用者3294人分のメアド流出 - 兵庫県立図書館
メール誤送信でオープンキャンパス申込者のメアド流出 - 岐阜保健大
職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
明大、複数メールアカウントに不正アクセス - 情報流出やスパム送信が発生