Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でスマホアプリ「ミマモール」利用者のアドレス流出 - ユニリングス

スマートフォンアプリ開発やシステム開発などを展開するユニリングスは、メール送信ミスにより顧客のアドレス156件を流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、3月29日に子供のスマートフォン用セキュリティアプリ「ミマモール」のユーザーに対し送信した案内メール。17時4分に77件、17時12分に79件を一斉送信した際、操作ミスにより送信先の全アドレスが表示された状態となった。

同社では同日中に対象となる顧客へ連絡し、謝罪するとともに誤送信メールの削除を要請した。また、メール送信の作業手順を見直し、システムの改善を検討するなど再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2014/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メール誤送信で経済団体や有識者のメアドが流出 - 公取委
観戦会参加者の個人情報が閲覧可能に、申込フォームが公開設定 - 大分トリニータ
学内サーバや教育システムに不正アクセス、個人情報が流出 - 佐賀県
アカウント情報3.7万件が海外サイト上に流出 - キルフェボン
誤送信で学生のメールアドレスが流出 - 東京音大
個人情報含むPCを従業員が紛失 - うるる
関係者向けニュースメールで誤送信 - 国立環境研究所
不正アクセスで停止のメルマガ、配信を再開 - 熊本県
「プレミアム・アウトレット」からの流出データ、5カ所で公開を確認
通販サイトに不正アクセス、アカウント情報が海外サイトに - 人気洋菓子店