Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

モバイル端末を狙った不正アプリが200万超え - 今後の動きに警戒を

モバイル端末を狙った不正アプリと高リスクアプリの総数が、2014年3月の時点で累計200万件を超えたことがわかった。

トレンドマイクロが公式セキュリティブログで明らかにしたもの。同社によれば、最初にモバイル端末向け不正アプリが確認されたのは2004年。10年目となる2014年に、その総数が200万件を超えた。注目すべきはその数の多さだけではなく、むしろ増加速度だ。2013年10月の時点で100万件に到達しており、わずか半年で倍増したことになる。

同社によれば、最初に確認された不正アプリは試作品のようなものだったが、スマートフォンの普及にともない急増。その後、高額料金が発生するサービスを悪用したり、端末内の情報収集やバックドア型活動、ルートキット機能を備えたものなどさまざまな不正アプリが登場した。

また同社では、さらに新しい活動を行う不正アプリが登場していると指摘。匿名通信を行う「Torボット」や、正規のアプリを簡単にトロイの木馬化できる不正アプリとして闇マーケットで販売されている「DENDROID」、Bitcoinなど仮想通貨をマイニング(発掘)する機能を備えた不正アプリを紹介した。

「Tor」やBitcoinなど、攻撃者は話題性のある技術を標的にする傾向があるとして、同社では警戒を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/04/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

子どもの4人に1人がSNSでトラブル - 不正ログインや架空請求も
子どものスマホ利用、アプリなど利用制限する保護者は4割以下
巧妙化進む標的型攻撃、対象者を事前調査か - Android端末もターゲットに
モバイルユーザー狙う不正サイトが急拡大 - 2年で約13.8倍に
不正アプリの6割は正規アプリの偽物 - トレンドまとめ
スマホ利用者の73%がデータ漏洩に不安抱く - IPA調査
BYODユーザーの2割がスマホの紛失経験 - 対策済み企業は2.8%
2013年第2四半期はAndroidマルウェアが35%増加 - 半年で前年検知数に迫る勢い
Androidマルウェアの国内感染率、米国の半分以下 - Lookout調査
個人情報にアクセスしない不正アプリはわずか5% - トレンドまとめ