Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

オリエントコンピュータ、1度に60台の消去が可能なデータ消去マシン

オリエントコンピュータは、ハードディスクやSSDなど1度に60台のデータ消去が可能な「SuperEraserMachine EM-SE60」を発売した。

同製品は、一括大量消去に対応したデータ消去ツール。1度にHDD最大60台の同時消去が可能なほか、消去が完了したHDDから順に次のHDDヘ交換する「ホットスワップ機能」を搭載。短時間で効率的に消去作業を進めることができる。

複数の消去方式から選択できるほか、消去ログの一括保存や破損HDDの事前チェックなどにも対応している。

(Security NEXT - 2014/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
「BitLocker」対応SATAドライブデュプリケーター - ハギワラ
暗号化製品「FinalCode」に新版 - フォルダ単位のファイル操作が可能に
法執行機関向けにクラウド活用したフォレンジックソリューション - フォーカスシステムズら
バッファロー、自社製品利用者向けにデータ復旧サービス - 保証期間中の軽度論理障害は無償
改ざんや消去できない法執行機関向けボイスレコーダー - エルモ社
「FinalCode」新版、画面撮影対策で端末特定できる透かし表示
ソースネクスト、モバイル向けにセキュリティ対策アプリ
アイ・オー、データの消し忘れ対策備えたUSBメモリ