Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保育所で乳児や保護者の個人情報含むUSBメモリが所在不明に - 大阪市

大阪市立保育所において、乳児48人の個人情報が保存されたUSBメモリが所在不明になっていることがわかった。

市の発表によれば、3月20日に保育士が事務室でメモリを使用し、ほかのUSBメモリと一緒に袋に入れて鍵付きのロッカーに保管した。24日に再びメモリを使おうとしたところ、同メモリ1本のみ紛失していることが判明。警察へ届け出るとともに全職員で捜索を行ったが発見できなかった。

所在が不明になっているUSBメモリには、2013年度から2014年度の新乳児名簿が保存されていた。乳児48人46世帯分の乳児氏名、生年月日、保護者氏名、電話番号などを含む。また、職員会議議事録なども同じメモリに記録されていた。

USBメモリについては市の規程で、データを使用後に消去することになっていたが、徹底されていなかった。また、メモリにパスワードなどセキュリティ対策も講じていなかったという。同保育所では保護者に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2014/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

患者の個人情報を保存した私用USBメモリを紛失 - 国立病院機構
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失、一部にテスト結果も - 大阪電通大
学生の個人情報を記録したUSBメモリが所在不明 - 神戸市外国語大
USBメモリを紛失、成績など学生の個人情報を保存 - 大阪産業大
高校で個人情報含むUSBメモリ紛失、データが匿名で郵送 - 大阪府
学生の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 関西大
小学校長が他校教諭の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 尾道市
小学校児童の個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 函館市
体力測定参加者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 京都橘大
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸