Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

訪問介護利用者の名簿を職員が外出先で紛失 - 川口市社会福祉協議会

川口市社会福祉協議会は、訪問介護事業所の利用者79人の個人情報が記載された名簿を職員が紛失したと発表した。

3月22日に、職員が外出先で電話対応を行った際に紛失したもので、同日中に警察へ届出を行い、周囲を捜索。しかし発見できなかった。

紛失した名簿には、同協議会が運営する訪問介護事業所の利用者79人の氏名、住所、電話番号のほか、緊急連絡先の氏名と電話番号、関係機関名、担当者名、電話番号などが記載されていた。

同協議会では、対象となる利用者に対し個別訪問や電話連絡などを行い、謝罪したとしている。

(Security NEXT - 2014/04/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

職員情報をメール誤送信、抑止システム導入も確認せず - 横浜市
小学校で児童名簿が飛散、水泳指導時に突風で - 大阪市
職員が個人情報資料を一時紛失、飲食店主が発見保管 - 長崎県
個人情報含む資料を学生が持ち去り放置 - 明石高専
セミナー申込者の個人情報が流出、人為ミスで - 大阪商工会議所
工業統計調査の準備調査名簿が所在不明 - 岡山市
駐在員の名簿を第三者へメール誤送信 - 武雄市
性格など記載された小学校名簿が町内掲示板に - 仙台市
パーティー招待者などの個人情報含むUSBメモリを紛失 - J2水戸
消費生活センターからの通知文書に名簿を誤って同封 - 堺市