Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JP-Secure、Apacheモジュール型WAF新版を発売 - 不正ログイン攻撃対策を強化

20140331_js_001.jpg

ジェイピー・セキュアは、ホスト型ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の新版「SiteGuard Lite Ver2.00」を提供開始した。

同製品は、ウェブサーバのモジュールとして動作するブラックリスト型のWAF製品。同社のゲートウェイ型WAFである「SiteGuard」のシグネチャを活用しており、ウェブアプリを対象とした攻撃に対する防御機能を提供する。

新版では、不正ログイン攻撃などへ対応するため、一定時間のアクセス頻度を判定する機能を追加。また管理インタフェースを改善したほか、サマリ通知機能、バックアップ機能の強化などユーザビリティを向上させた。

(Security NEXT - 2014/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セシール」不正ログイン、攻撃リストの顧客ID合致は事前抽出が原因 - 情報流出を否定
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
CAD製品のユーザー登録サイトに不正アクセス - エーアンドエー
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
元従業員が営業管理ツールで顧客情報を不正閲覧、営業利用 - システム開発会社
研究者が注目した「10大脅威」、具体的な手口や対策は? - IPAが解説資料
「不正ログイン対策」や「家庭用IoT機器のセキュリティ」学ぶ動画
中部大でランサムウェア被害 - 不正ログイン後にインストールか
不正ログインの被害相談、直近5カ月で104件 - IPAが対策呼びかけ