Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

JP-Secure、Apacheモジュール型WAF新版を発売 - 不正ログイン攻撃対策を強化

20140331_js_001.jpg

ジェイピー・セキュアは、ホスト型ウェブアプリケーションファイアウォール(WAF)の新版「SiteGuard Lite Ver2.00」を提供開始した。

同製品は、ウェブサーバのモジュールとして動作するブラックリスト型のWAF製品。同社のゲートウェイ型WAFである「SiteGuard」のシグネチャを活用しており、ウェブアプリを対象とした攻撃に対する防御機能を提供する。

新版では、不正ログイン攻撃などへ対応するため、一定時間のアクセス頻度を判定する機能を追加。また管理インタフェースを改善したほか、サマリ通知機能、バックアップ機能の強化などユーザビリティを向上させた。

(Security NEXT - 2014/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

関電の「はぴeみる電」に不正ログイン - 複数海外IPアドレスから試行
三越伊勢丹の関連2サイトで約1.9万件の不正ログイン
通販サイト「ショップチャンネル」にPWリスト攻撃
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
オリコのクレカ不正申込対策で実証実験
「カメラのキタムラ」で不正ログイン - 不正注文で一部被害も
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
任天堂で不正ログイン、30万件に影響 - 不正取引は1%未満
アンケートサイトで不正ログイン - ポイントの不正交換も
EC-CUBE特化のクラウド型WAFサービス - イーシーキューブ