Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、Linux向けメール保護製品の最新版 - フィッシングメール対策機能など追加

logokp1.jpg

カスペルスキーは、法人向けメールセキュリティソリューションの新版となる「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server Maintenance Pack 1」を提供開始した。

同製品は、LinuxとFreeBSDに対応したメールセキュリティソリューション。マルウェア対策、スパム対策、コンテンツフィルタリングなどメール向けのセキュリティ機能を備えている。

最新版では、「アンチフィッシングエンジン」を追加。メールに含まれるフィッシングサイトへのURLを検知しブロックできる。また、悪意ある実行ファイルや圧縮ファイルをダウンロードさせるURLの検知、ブロックにも対応した。

さらに、同社のクラウド基盤「Kaspersky Security Network」との連携に対応したほか、複数のメールサーバに導入した同製品の一元管理が可能になるなど、管理機能を強化した。

(Security NEXT - 2014/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
ウェブやメールのフィルタリングをクラウド展開 - デジタルアーツ
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
プルーフポイント、「DMARC」を活用した「BEC」の対策製品
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など