Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

カスペルスキー、Linux向けメール保護製品の最新版 - フィッシングメール対策機能など追加

logokp1.jpg

カスペルスキーは、法人向けメールセキュリティソリューションの新版となる「Kaspersky Security 8.0 for Linux Mail Server Maintenance Pack 1」を提供開始した。

同製品は、LinuxとFreeBSDに対応したメールセキュリティソリューション。マルウェア対策、スパム対策、コンテンツフィルタリングなどメール向けのセキュリティ機能を備えている。

最新版では、「アンチフィッシングエンジン」を追加。メールに含まれるフィッシングサイトへのURLを検知しブロックできる。また、悪意ある実行ファイルや圧縮ファイルをダウンロードさせるURLの検知、ブロックにも対応した。

さらに、同社のクラウド基盤「Kaspersky Security Network」との連携に対応したほか、複数のメールサーバに導入した同製品の一元管理が可能になるなど、管理機能を強化した。

(Security NEXT - 2014/03/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

偽メール対策製品の対応プラットフォームを拡大 - Darktrace
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
研修向けにセキュリティ演劇 - 映像配信や訪問研修も
フォーティやパロの検知ログを分析するサービス - HCNET
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
TwoFive、ログの機械学習による脅威検知製品 - アナリスト解析を再学習
インシデント対応の窓口サービスを開始 - ALSOK
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
「EDR原因解析サービス」 - シーイーシーとソフォス