Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本マイクロソフト、XP利用者向けに最新OSへのデータ移行ツールを無償提供

日本マイクロソフトは、4月9日にWindows XPのサポート期限を迎えることから、同OSの利用者向けに最新OSへデータを移行するツールを、期間限定で無償にて提供する。

Windows XP専用の「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」をダウンロードにより提供するもの。Windows XPを搭載したパソコンに保存されている「メール」「アドレス帳」「お気に入り」「音楽ファイル」や個人で作成したデータなどを、「Windows 8」「Windows 8.1」を搭載したパソコンへ手軽に移行できる。

今回の無償提供は、開発元のLaplink Softwareや、国内提供元のAOSテクノロジーズとの連携により実現したという。米Microsoftも、3月初旬よりLaplink Softwareの「PCMover Express」を提供している。

ダウンロード期限は6月30日。使用期限は、7月31日まで。

(Security NEXT - 2014/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Win 7」「WS 2008」サポート終了まで1カ月切る - 移行漏れないよう確認を
MS月例パッチが公開、脆弱性35件を修正 - 一部ですでに悪用も
ワーム悪用懸念の脆弱性を含む端末が95万台弱
日本語などテキスト処理に脆弱性、Win XP以降に存在 - 報告者が詳細公表
5月中旬から「TCP 37215番ポート」宛パケット増加 - 「Mirai」亜種か
リモートデスクトップ狙うアクセスが増加 - 広範囲のポートに探索行為
Windowsタスクスケジューラにゼロデイ脆弱性 - 悪用に警戒を
Windowsに深刻な脆弱性、ワームに悪用可能 - 「Windows XP」など旧OSにもパッチ提供
「Windows 7」「WS 2008」のサポート終了まで1年 - 「ESU」活用も早めの検討を
シマンテック、USBメモリ挿すだけのマルウェア対策製品 - 重要インフラ向けに