Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本マイクロソフト、XP利用者向けに最新OSへのデータ移行ツールを無償提供

日本マイクロソフトは、4月9日にWindows XPのサポート期限を迎えることから、同OSの利用者向けに最新OSへデータを移行するツールを、期間限定で無償にて提供する。

Windows XP専用の「ファイナルパソコンデータ引越し eXPress」をダウンロードにより提供するもの。Windows XPを搭載したパソコンに保存されている「メール」「アドレス帳」「お気に入り」「音楽ファイル」や個人で作成したデータなどを、「Windows 8」「Windows 8.1」を搭載したパソコンへ手軽に移行できる。

今回の無償提供は、開発元のLaplink Softwareや、国内提供元のAOSテクノロジーズとの連携により実現したという。米Microsoftも、3月初旬よりLaplink Softwareの「PCMover Express」を提供している。

ダウンロード期限は6月30日。使用期限は、7月31日まで。

(Security NEXT - 2014/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

米政府、北朝鮮攻撃グループが悪用したマルウェア「Joanap」「Brambul」の情報を公開
医療業界やサプライチェーン狙う攻撃グループを確認 - 標的はレガシーシステムか
米政府、北朝鮮製の破壊型マルウェアの情報を公開 - Windows XP向け機能も
「Windows 7」「WS 2008」の移行準備を - 攻撃増加懸念される東京五輪直前にサポート終了
富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
「Petya」も狙う「MS17-010」の脆弱性、少なくとも4000万台弱の未修正端末が稼働
MS、「Windows XP」などサポート終了OS向けに緊急パッチ - LAN内端末狙う「WannaCrypt」対策で
MS、国家関与などで脅威高まる脆弱性を公表 - 旧OSにパッチ供給、ゼロデイ脆弱性にも対応
サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
「WannaCrypt」の復号キーをメモリから取得する「WannaKey」