Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ALSI、「InterSafe ILP」新版を提供 - IRM機能にSDKを用意

アルプスシステムインテグレーション(ALSI)は、情報漏洩対策ソリューション「InterSafe ILP」の新版を4月2日より提供開始する。

同製品は、デバイス制御、暗号化USBメモリの作成、ファイルの暗号化、PDF暗号化、およびウェブを利用した承認など、5種類の製品で構成される情報漏洩対策ソリューション。必要な機能を選んで自由に組み合わせて利用できる。

最新版となる「同Ver. 4.0」では、ファイルを暗号化する「InterSafe IRM」の開発キットを提供。既存の文書管理システムやグループウェアなどに組み込んで、暗号化機能を付与することができる。そのほか、「Windows Server」への対応など機能強化を実施した。

(Security NEXT - 2014/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

機械学習で攻撃元IPや攻撃種類を予測するサービス - TED
カードゲーム「セキュ狼」がスマホアプリに - JNSAと学生が共同開発
SSOサービスがFIDO2や顔認証に対応 - DDS
「スミッシング訓練サービス」を開始 - GSX
サイバートラストら、ドローンの脆弱性洗い出しサービス
ハイブリッド環境対応の上位版MSSを開始 - テクマトリックス
ドコモとトレンド、IaaS基盤のIoTデバイス保護で新メニュー
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
MDMにSIM抜差監視機能を追加 - オプティム
CrowdStrike、モバイルデバイス向けEDRソリューション