Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

3月時点で46%の企業がXP利用、半数以上が今後も利用 - 「不自由しない」6割

4月9日に「Windows XP」がサポート期間の終了を迎えるが、3月上旬の時点で約半数近くの企業が「Windows XP」を使用しているとの調査結果を大阪信用金庫が取りまとめた。今後も、半数以上が引き続き利用していく方針だという。

同金庫が、2014年3月に大阪府内および尼崎市内の取引先企業を対象に、アンケート調査を実施したもの。1277社が回答した。

同調査によれば、調査を実施した3月上旬の時点で537社の企業が「Windows XP」を利用しており、利用率は46%にのぼる。またこれら利用企業のうち、53.5%が、今後も「Windows XP」も引き続き使う方針だと回答したという。

今後も利用する理由としては、「不自由しない」との回答が64.4%にのぼり、サポート終了にともない、危険性が増すことへの認知は進んでいないようだ。また「Windows XP対応ソフトを使っている(19.3%)」「買い換える資金がない(13.3%)」といった声も聞かれた。

(Security NEXT - 2014/03/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サポート終了「IIS 6.0」の脆弱性を狙う攻撃を観測 - ただちに対策を
「Windows 7」からのOS移行、2割がEOLにまにあわない可能性
標的型攻撃対策製品の市場規模は52億円 - 前年比89.4%増
MS、2014年は341件の脆弱性に対処 - ゼロデイ攻撃が増加傾向
2014年度の国内ネットワークセキュリティ市場、3859億円に
Windows XPなど3製品、危険な脆弱性の割合高め
サポート終了後も地方自治体PCの約13%が「Windows XP」 - 26万5143台が稼働
法人のWindows XP、2013年末で617万台 - 2014年6月末には241万台に
XP利用者の約半数がサポート終了後も利用 - 「業務に支障がない」2割
Windows XPのサポート終了は78.8%が認知 - 「サポート終了のリスクわからない」2割