Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「NOSiDE」が不許可アプリの検出に対応 - NTTデータ先端技術

NTTデータ先端技術は、同社が提供するネットワークセキュリティソリューション「NOSiDE」の機能を強化した。ネットワークへ接続する端末のセキュリティ診断および接続制御を強化している。

「NOSiDE」は、ネットワークへ接続する端末の検疫や資産管理、リモートアクセス管理などを実現するパッケージ製品。

ネットワークへ接続した端末に対し、オンデマンドや定期的にセキュリティ診断を実施できるほか、未登録の端末や持込端末の診断、アクセスコントロールにも対応。Windowsをはじめ、Macやスマートデバイスをサポートしている。

新版では、端末のセキュリティ診断や接続制御機能を強化。端末を組織のネットワークに接続した際、利用を禁止したり、制限しているソフトを検出することが可能となった。端末情報や操作情報等を意図せず外部に送信するソフトやウイルス、ワームの侵入を防ぐ。

またポリシーに反する端末に対しては、ネットワークへの接続を遮断したり、利用者に必要となる対策を提示できる。また検出対象とするソフトのリストをインポートし、登録や設定が行える。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス