Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

月例パッチで修正されたもう1件のIEゼロデイ脆弱性 - 水飲み場攻撃に悪用

日本マイクロソフトが3月に公開した月例セキュリティ更新プログラム「MS14-012」で対応した「CVE-2014-0324」が水飲み場攻撃に用いられていたことがわかった。

3月12日に公開された「MS14-012」では、「Internet Explorer」における18件の脆弱性を解消。ゼロデイ攻撃の対象となった脆弱性2件も含まれる。「CVE-2014-0322」については事前にセキュリティアドバイザリが公開されていたが、「CVE-2014-0324」はパッチ公開当日にゼロデイ攻撃の対象となっていることが明らかにされた。

「CVE-2014-0324」は、メモリ破損を引き起こす脆弱性で「IE 8」のみ影響を受ける。米Symantecによれば、同社では2月中旬より悪用を確認しているという。

攻撃に悪用されていたのは、IEの既知の脆弱性「CVE-2013-3897」を狙ったものと類似したコードで、水飲み場攻撃が展開されており、細工されたウェブページを閲覧すると、特定のURLより不正プログラムがダウンロードされるしくみだった。ダウンロードされるファイルの内容は明らかとなっていない。

同社では、今回の脆弱性攻撃は「DEP」を有効にしていると、脆弱性の悪用を防ぐことが可能だったと分析。「DEP」は、「Windows XP SP2」以降に搭載されたセキュリティ機能で、「IE 8」ではデフォルトで「DEP」が有効となっている。

(Security NEXT - 2014/03/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【修正あり】MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - ゼロデイ脆弱性などに対処
「Windows」にゼロデイ脆弱性、PoCが公開 - 8月の「ALPC脆弱性」公表と同一人物
MS月例パッチがリリース、一部でゼロデイ攻撃が発生 - 公開済み脆弱性にも対処
悪用確認済みの「Windowsタスクスケジューラ」脆弱性に修正パッチ - PoC公表から約2週間
MS、月例パッチで脆弱性62件を修正 - 「Windows ALPC」のゼロデイ脆弱性に対応
Windowsタスクスケジューラのゼロデイ脆弱性、回避策が公開 - 独自パッチも
8月修正のゼロデイ脆弱性、「Darkhotel」と関連 - 背後に北朝鮮の影
「Ghostscript」に保護機能回避の脆弱性が再び - 「ImageMagick」などにも影響
MS、8月の月例パッチ公開 - 脆弱性2件でゼロデイ攻撃
西日本豪雨に便乗する詐欺に注意 - 義援金は信頼できる振込先へ