Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Apple、最新OS「iOS 7.1」をリリース - 41件の脆弱性を修正

Appleは、iPhoneやiPadなどが搭載するiOSの最新版「iOS 7.1」を公開した。あわせて41件の脆弱性を修正している。

今回のアップデートでは、「WebKit」における脆弱性19件をはじめ、全部で41件の脆弱性を解消した。脆弱性への対策以外にも、ルート証明書のアップデートを実施している。

カーネルや画像処理、Wordファイルを閲覧するための「Office Viewer」などにおいて、システムが停止したり、リモートからコード実行が可能となる脆弱性に対応した。

また「iTunes Store」において、マンインザミドル(MITM)攻撃が可能となる脆弱性や、ロック画面を回避してFaceTimeへアクセスできる問題を修正。そのほか、Safariにおける自動入力したIDやパスワードが漏洩する問題や、不正なアプリによってシステムが停止する脆弱性などに対処した。

(Security NEXT - 2014/03/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「WordPress」向けeラーニングシステム構築プラグインに複数脆弱性
「WordPress」の人気eコマースプラグインに脆弱性 - 権限昇格のおそれ
「WordPress」向けAMP対応プラグインに深刻な脆弱性 - アップデートで修正
WordPress向けのGDPR対応プラグインに深刻な脆弱性 - 乗っ取りや改ざん被害が発生
「Chrome」のアップデートがリリース - GPUにおけるUAFの脆弱性を解消
「Adobe Flash Player」に深刻な脆弱性 - 定例外アップデートが緊急リリース
OpenSSLに複数脆弱性、アップデートで解消 - 「PORTSMASH」にも対応
バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
パナ製Wi-Fi対応SDカードリーダーに複数脆弱性 - 最新アプリよりファームウェアの更新を
「Apache Struts 2.3」系、2019年5月にサポート終了 - 移行の検討を