Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、ウェブサイトのソースコード検査など脆弱性検査ツールの操作を解説

情報処理推進機構(IPA)は、オープンソースの脆弱性検査ツールの操作手順や特徴などをまとめた資料「ウェブサイトにおける脆弱性検査の紹介(ソースコード検査編)」を公開した。

脆弱性の作り込みを避けるため、初心者でも扱いやすく、主要な脆弱性を検出できるツール「LAPSE+」および「RIPS」の検査手順や特徴、操作性などを資料にまとめたもの。同機構サイトよりダウンロードできる。

「LAPSE+」は、開発環境に組み込んで利用するソフトウェアで、Javaの脆弱性を検知することが可能。一方「RIPS」では、ソースコードを入力することで、PHPの脆弱性を検査できる。

同機構では、これまでもウェブアプリケーションの検査方法を解説した「ウェブサイトにおける脆弱性検査の紹介(ウェブアプリケーション編)」を公開しており、ソースコード検査との併用を呼びかけている。

サイト改ざんや情報流出などを防ぐためには、脆弱性を作り込まないよう開発時に脆弱性検査を行うことが求められるが、同機構が2010年にセミナー参加者へアンケートを実施したところ、ソースコード検査の実施率は15.7%にとどまっている。同機構では、今回の資料公開を通じてソースコード検査の実施率向上を推進する。

(Security NEXT - 2014/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

緊急対応支援、「サーバ不正侵入」が半数超 - 仮想通貨発掘スクリプトが埋め込まれる被害も
政府、今後3年間のサイバーセキュリティ戦略案 - パブコメ実施
IPA、セキュリティサービスの基準適合リストを作成へ - 審査機関も募集
経産省、「情報セキュリティサービス基準」を策定 - IPAが台帳作成へ
GMOペパボ、不正アクセスで調査報告 - 原因はシステムとマネジメント体制の不備
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に