Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、ウェブサイトのソースコード検査など脆弱性検査ツールの操作を解説

情報処理推進機構(IPA)は、オープンソースの脆弱性検査ツールの操作手順や特徴などをまとめた資料「ウェブサイトにおける脆弱性検査の紹介(ソースコード検査編)」を公開した。

脆弱性の作り込みを避けるため、初心者でも扱いやすく、主要な脆弱性を検出できるツール「LAPSE+」および「RIPS」の検査手順や特徴、操作性などを資料にまとめたもの。同機構サイトよりダウンロードできる。

「LAPSE+」は、開発環境に組み込んで利用するソフトウェアで、Javaの脆弱性を検知することが可能。一方「RIPS」では、ソースコードを入力することで、PHPの脆弱性を検査できる。

同機構では、これまでもウェブアプリケーションの検査方法を解説した「ウェブサイトにおける脆弱性検査の紹介(ウェブアプリケーション編)」を公開しており、ソースコード検査との併用を呼びかけている。

サイト改ざんや情報流出などを防ぐためには、脆弱性を作り込まないよう開発時に脆弱性検査を行うことが求められるが、同機構が2010年にセミナー参加者へアンケートを実施したところ、ソースコード検査の実施率は15.7%にとどまっている。同機構では、今回の資料公開を通じてソースコード検査の実施率向上を推進する。

(Security NEXT - 2014/03/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年2Qの脆弱性登録は4279件 - EOLの「Win 7」は166件
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
クラウドでのデータ侵害、構成ミスが8割強 - IBM調査
マルウェアとの遭遇率、3年で約半分に - MS調査
標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
狙われるZyxel製ネットワーク管理製品の脆弱性 - ボットネットも標的に
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
Wi-Fi利用者や提供者向けセキュガイドラインに改訂版 - 総務省