Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

患者情報含むHDDを電車に置き忘れて紛失 - がん研有明病院

がん研有明病院の医師が、患者の個人情報や病状を保存したポータブルハードディスクを紛失したことがわかった。

3月5日6時35分ごろ、通勤途中の電車内に鞄ごと置き忘れ、持ち去られたもの。すぐに気が付き、最寄り駅で車内を確認してもらったが発見できなかった。駅の預かり所や警察へ遺失物届を提出したが、見つかっていない。

所在不明となっているハードディスクには、2005年から2012年の胃がん患者1628人の氏名、生年月日、性別、患者ID、手術日、入退院日、がんの進行度などが記録されていた。ハードディスクにはパスワードを設定していたという。

(Security NEXT - 2014/03/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

避難行動要支援者の情報含むUSBメモリを紛失か - 富津市
高校生徒の個人情報含む記録簿を紛失 - 大阪府
患者情報含むPCとHDDを院外で紛失 - 昭和大病院
特別支援学校で児童情報含む記録メディアを紛失 - 埼玉県
患者情報含むPCをタクシー内に置き忘れて紛失 - 大阪労災病院
個人情報含む要支援者名簿が所在不明 - 那覇市
保育園で撮影画像含む記録メディアを紛失 - 文京区
台風被害で小学校で指導要録が流出 - 大郷町
公共工事入札資格審査の申請書を紛失 - 岡山県
患者情報含むUSBメモリを紛失 - 滋賀医科大病院