Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査協力依頼を装うフィッシングに注意 - DQ利用者がターゲット

スクウェア・エニックスを装い、調査協力を口実にアカウント情報を騙し取るフィッシング攻撃が発生している。人気タイトル「ドラゴンクエストX」の利用者を狙う内容だった。

20140305ap_001.jpg
誘導先となっていたフィッシングサイト。

スクウェア・エニックスを装うフィッシング攻撃は、これまでも確認されているが、今回確認されたフィッシングメールでは、定期検査により利用者のアカウントが係争に巻き込まれるおそれがあるなどと説明。調査を協力するよう求め、偽サイトへ誘導する手口だった。協力しない場合は、アカウントを凍結する可能性があるなどと不安を煽る文言もある。

一方で、送信元企業が「スクウェア・エニックス公司」になっているなど、中国語と見られる表記があったり、「おアカウント」をはじめ、不自然な日本語の言い回しも多い。日本語を母国語としていない人物が作成したと見られる。

3月5日の時点でフィッシングサイトは稼働している状況であり、今後も注意が必要だ。

(Security NEXT - 2014/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
教職員29アカウントが乗っ取り被害、メール3500件を攻撃者へ転送 - 横浜市立大
2段階認証の設定に見せかけた「LINE」のフィッシングが再度発生
偽Appleのフィッシングメール、偽Amazonに誘導 - 攻撃者のミスか
「bitFlyer」を装うフィッシング - アカウント情報や仮想通貨を詐取
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
セゾンカード利用者狙うフィッシング - 「IDを暫定的に変更」とだます手口
偽ソフトバンクによる「緊急のご連絡」に注意 - 「Apple IDが不正利用」と不安煽るフィッシング