Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

調査協力依頼を装うフィッシングに注意 - DQ利用者がターゲット

スクウェア・エニックスを装い、調査協力を口実にアカウント情報を騙し取るフィッシング攻撃が発生している。人気タイトル「ドラゴンクエストX」の利用者を狙う内容だった。

20140305ap_001.jpg
誘導先となっていたフィッシングサイト。

スクウェア・エニックスを装うフィッシング攻撃は、これまでも確認されているが、今回確認されたフィッシングメールでは、定期検査により利用者のアカウントが係争に巻き込まれるおそれがあるなどと説明。調査を協力するよう求め、偽サイトへ誘導する手口だった。協力しない場合は、アカウントを凍結する可能性があるなどと不安を煽る文言もある。

一方で、送信元企業が「スクウェア・エニックス公司」になっているなど、中国語と見られる表記があったり、「おアカウント」をはじめ、不自然な日本語の言い回しも多い。日本語を母国語としていない人物が作成したと見られる。

3月5日の時点でフィッシングサイトは稼働している状況であり、今後も注意が必要だ。

(Security NEXT - 2014/03/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る
「Amazonプライムの自動更新設定を解除」と不安煽るフィッシング
「Amazon異常は検出されました」 - 偽サイト誘導メールに注意
「あなたのNTTドコモはロックされている」 - dアカウント狙うフィッシング
千葉銀装うフィッシング攻撃 - 「不正画面の事例」リンクでも偽サイトへ誘導