Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、インシデント対応支援サービスを開始 - 初動から事後対応まで対応

日本IBMは、企業におけるインシデント対応を支援する「エマージェンシー・レスポンス支援サービス(ERS)」の提供を開始した。

同サービスは、サイバー攻撃や情報漏洩、改ざん、不正アクセスなど、情報セキュリティに関するインシデント対応をサポートするサービス。同社製品に限らず他社製品も含め、顧客の環境にあわせて対応する。

有事の際は、初動対応をはじめ、記録保管、ログ解析、原因究明、拡大防止策の策定、復旧対応なども支援する。料金は514万5000円/年から。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士ソフトとKDL、セキュリティサービスで協業
「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC
エンドポイント向け製品にEDR機能を追加 - ソフォス
ALSI、「InterSafe GatewayConnection」のモバイル向け機能を強化
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習に「運輸版」 - カスペ
PFU、オンサイトによる簡易診断サービスを開始
ラック、中小企業を視野に入れたクラウドべースセキュリティ監視サービス
ソフォスとリコー、小規模向けにUTMのMSS - オンサイト対応まで支援
ログ解析を1日2回とすることで価格抑えたSOCサービス - IIJ