Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本IBM、インシデント対応支援サービスを開始 - 初動から事後対応まで対応

日本IBMは、企業におけるインシデント対応を支援する「エマージェンシー・レスポンス支援サービス(ERS)」の提供を開始した。

同サービスは、サイバー攻撃や情報漏洩、改ざん、不正アクセスなど、情報セキュリティに関するインシデント対応をサポートするサービス。同社製品に限らず他社製品も含め、顧客の環境にあわせて対応する。

有事の際は、初動対応をはじめ、記録保管、ログ解析、原因究明、拡大防止策の策定、復旧対応なども支援する。料金は514万5000円/年から。

(Security NEXT - 2014/03/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

損保ジャパンと日立、インシデント発生率と損害額を定量化する診断手法を開発
機械学習とOSSを活用したSIEMソリューション - GRCS
データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
個人データ侵害時におけるGDPRの報告書作成を支援 - PwC
脅威や脆弱性情報の提供や対策立案を支援するサービス - CTC
インシデント対応学習ボードゲームにラインアップ追加
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
ゲーム形式のサイバー攻撃対策演習サービスに「銀行版」 - カスペ