Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「App Store」「Google Play」上の偽アプリを発見、配信停止に追い込むサービス

EMCジャパンは、国内外のアプリマーケットを監視して、正規アプリを装った不正アプリを検知、配信停止させる「RSA FraudAction不正モバイルアプリ対策サービス」を提供開始した。

同サービスでは、「App Store」や「Google Play」をはじめとする国内外の主要アプリマーケットを監視。顧客企業が提供しているアプリを装った偽アプリを検知する。

不正アプリを検知した場合は、顧客企業へ通知するとともに配信停止へ追い込み、アプリの利用による被害拡大を押さえ、偽アプリの流通によるブランド棄損のリスクを低減させる。

サービス料金は882万円/年。年間あたり最大15インシデントまで対応する。

(Security NEXT - 2014/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
グルメアプリに不正アクセスの可能性 - ユーザー情報流出か
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
「ZeroShell」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施