Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

開発者の削除で話題を呼んだゲームアプリ「Flappy Bird」に悪質な偽アプリ

人気を集めたにもかかわらず、急遽開発者が公開を中止して話題を集めた無料ゲームアプリ「Flappy Bird」の悪質な偽アプリが多数確認されている。複数のセキュリティベンダーが注意を呼びかけた。

同アプリは5000万回以上ダウンロードされた人気ゲームアプリ。トレンドマイクロによれば、偽アプリは、特に作者の出身国であるベトナムや、ロシアなどの非公式アプリストアで多く確認しているという。

見た目は正規アプリ大差ないが、海外において利用されている有料SMSを送信するよう改変されている。さらに、端末に登録されたユーザーの電話番号や携帯会社名、Gmailアドレスを送信するなど、個人情報漏洩の危険性もある。さらに正規アプリへ料金を請求する機能を追加した偽アプリも登場している。

偽アプリではインストール時に、正規版では必要なかったテキストメッセージの読み取りなど、権限の許可を求められるため、注意深く確認するよう求めている。

(Security NEXT - 2014/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

米政府、中国関与「Taidoor」の新情報 - セキュ製品未検知の亜種も
3月に国内ホストのフィッシングサイトが急増 - RSA
2020年2Qの脆弱性届出、「サイト」「ソフト」いずれも減
グルメアプリに不正アクセスの可能性 - ユーザー情報流出か
サイバー保険付帯した新規開業税理士向け業務ソフト - エプソン
パスワード管理アプリに情報流出監視機能 - トレンド
「ZeroShell」の既知脆弱性を狙った攻撃に注意
Apple、macOS向けにセキュリティアップデート
ペネトレーションテストサービスを開始 - BBSec
「Chrome 84」をリリース、38件のセキュリティ修正を実施