Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「eoWEBメール」を偽装したフィッシングメールが発生

ウェブメールサービス「eoWEBメール」のセキュリティアラートを装ったフィッシングメールが出回っている。フィッシング対策協議会が注意を呼びかけている。

問題のフィッシングメールは、「緊急の更新アラート」という件名で送信されており、セキュリティに関する案内を装った手口。

本文は不自然な日本語で記載されており、外国語を機械翻訳で作成したものと見られる。また誘導先のフィッシングサイトでは「新しいeoWEBメールの提供を開始しました」と、ちぐはぐな内容だった。

同協議会では、フィッシングサイトへメールアドレスやパスワードを入力しないよう注意喚起するとともに、類似したメールやフィッシングサイトを発見した際には、同協議会へ連絡するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新