Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「セゾンNetアンサー」装うフィッシング攻撃が再発

2013年末に引き続き、セゾンカードの利用者向けサービス「セゾンNetアンサー」を装ったフィッシング攻撃が発生している。

問題のフィッシングメールは、2013年末と同様、「第三者によるアクセスを確認したため、登録IDを暫定的に変更した」などと不安を煽る手口。

「任意のIDへ再変更をお願いします」などと説明して偽サイトへ誘導。「Netアンサー再登録フォーム」などとして、カード番号や有効期限、生年月日、セキュリティコード、メールアドレス、ID、パスワードなどを騙し取る。

誘導先のフィッシングサイトでは、「saisoncardco.jp」「saisoncardco.com」「saisoncardcoo.com」など、クレディセゾンの正規ドメインと酷似した複数のドメインを悪用していた。

今回確認されたフィッシングサイトはすでに停止しているが、クレディセゾンやフィッシング対策協議会では、類似した攻撃に注意を促すとともに、同協議会では、類似のフィッシングサイトやメールを発見した場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/02/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
サーバ証明書、最長でも約13カ月 - 毎年更新が必須に
2020年2Qインシデント、前四半期比1.3倍 - フィッシングなど増加
新コロ対策の助成金や補助金など装うフィッシングに警戒を
中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
宅配の不在通知に見せかけたSMSの報告が増加
セブン銀行利用者狙うスミッシング - 「口座を一時停止」と不安煽る手口
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新