Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報窃取するSNSの情報交換掲示板アプリに注意 - マカフィーが確認

SNSアプリのID情報を交換する目的で提供されている非公式の「掲示板アプリ」のなかに、個人情報を狙ったアプリが出回っている。Google Play上で確認したとして、マカフィーが警鐘を鳴らした。

同社によれば、Android端末向けに提供されているチャット相手を募集するための掲示板アプリに、端末から電話番号やGoogleアカウント名を収集するものを複数確認したという。

複数確認したアプリの通信先はいずれも共通で、起動時に電話番号や、端末の識別番号などを韓国内のIPアドレスに送信していた。Googleアカウント名も取得しており、Gmailのメールアドレスも奪われたことになる。

また端末から取得した情報にくわえ、掲示板で公開したSNSのID、アプリが備えるチャット機能で交換された書き込み内容なども含め、これら情報を紐付けて取得され、悪用されるおそれがあるとマカフィーでは危険性を指摘している。

これらアプリのユーザーインタフェースやアプリの説明ページは、日本語に対応。国内の有名SNSに便乗するなど、日本国内のユーザーをターゲットにしていた。一部不自然な日本語表現も存在し、海外の開発者が製作した可能性が高い。

マカフィーでは、今回確認したアプリに限らず、「友達募集掲示板」や「ID掲示板」の利用者には悪意を持って利用しているケースもありトラブルに巻き込まれる危険があると指摘。ユーザーへ注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
Android狙う情報窃取アプリ、SMSで拡散 - 銀行アプリを偽物に置換
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
「Thrip」が衛星通信や防衛産業を標的に - 中国国内の端末から操作
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
約9年前に会員アカウント情報が流出か - 東芝産業機器システム
「CSVファイル」用いた標的型攻撃、4月以降も - 複数攻撃手法を併用