Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フォーティネット、仮想環境でマルウェア解析する「FortiSandbox」

フォーティネットジャパンは、サンドボックスを利用したマルウェア対策アプライアンス「FortiSandbox-3000D」を提供開始した。

同製品は、仮想環境でマルウェアを分析するアプライアンス。「FortiGuardサブスクリプションサービス」を通じて提供する脅威情報をもとに脅威に対応する。同社ゲートウェイ製品「FortiGate」と統合して導入できるだけでなく、単独で導入することも可能。

同製品は、仮想環境において不審なコードを分析。コマンド&コントロールサーバとの通信や、システム、ファイル操作など脅威の詳細について調査。それぞれの脅威を分類し、可視化できる。

またコードエミュレーション機能を搭載しており、サンドボックスを回避するマルウェアや、特定のバージョンのみ動作するマルウェアなどにも対応。また手動でマルウェアのサンプルをアップロードし、分析することもできる。

(Security NEXT - 2014/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

UTMと国内脅威DBの連携ソリューション - キヤノンMJら
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
DDoS対策専用の仮想アプライアンスを提供 - A10
テレワーク需要に「F5 APM」入りHCIを展開 - TED
ネット分離環境でファイルを受け渡しする製品 - ソリトン
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
アプライアンス「iNetSec SF」にワーム対策機能を追加 - PFU
マルチベクトル型DDoS攻撃へ動的に対応する新機能 - A10
DDoS攻撃対策製品を機能強化、最大500Gbpsに対応 - A10
危険ドメインへのアクセスをDNSでブロック - ソリトン