Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラネクシー、ログ管理ソフトの新版を発売 - 最新OSや大規模環境に対応

ラネクシーは、クライアント操作ログ管理ソフトの最新版「MylogStar 3」を、1月31日より提供開始する。

同製品は、クライアントパソコンの操作ログを取得、管理できるソフトウェア。管理対象となる端末の「ログオン」「ログオフ」「アプリケーション操作」「ファイル操作」「印刷」など15種類の操作を記録する。

最新版では、「Windows 8.1」「Windows Server 2012」に対応。また「Citrix Xen Desktop 7」「VMware Horizon View 5.3」など最新の仮想化環境に対応した。大規模環境への対応強化として、最大3万ユーザーの一括管理を実現したという。

そのほか、直感的な操作が可能なウェブコンソールの提供や、ファイル操作ログとプリント操作ログの取得強化、電源やサスペンドの状態のログ取得、Gmailによる送信メール取得などの機能を強化した。

(Security NEXT - 2014/01/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

データベース監視やPCI DSS準拠などに活用できるアプライアンス - LogLogic
サーバログ管理ソフトにランサム攻撃の検知機能 - オレガ
IBM、SOCサービスを強化 - マルチベンダー対応の監視サービス
富士通FIP、「PCI DSS」準拠を支援するクラウドサービス
インテック、統合ログ管理製品にブラックリストとの突合機能
日立、「Splunk」の検知情報から機器を隔離するソリューション
MOTEX、中小企業向けにセキュリティアプライアンス
日立電線、認証アプライアンスに新版 - ログ製品と連携機能を追加
権限委譲やアプリ連携などログオン認証製品を機能強化
NEC、MSとの協業により「AD」のセキュリティ対策支援サービス