Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Windows経由でAndroid端末に不正アプリを送り込む攻撃 - デバッグツールを悪用

米Symantecは、Windowsパソコンへ接続されたAndroid端末に不正アプリを送り込むマルウェアを確認したことを明らかにした。

同社が確認した「Trojan.Droidpak」は、Windowsにおいて悪質なライブラリファイルをシステムに登録するトロイの木馬。さらに同ライブラリファイルを通じて外部より不正なファイルをダウンロードする。

さらにファイル転送機能などを実現する開発者向けツール「Android Debug Bridge」なども取得し、パソコンへ接続したAndroid端末に不正アプリ「Android.Fakebank.B」をインストールするよう試みる。ただし、攻撃が成功するには、Android端末側でUSBデバッグモードが有効化されている必要がある。

Android端末へ送り込まれる「Android.Fakebank.B」は、端末上で「Google Play」に酷似したアプリ「Google App Store」を装っていた。実際は韓国のオンラインバンキング用アプリの利用者を狙っており、正規アプリを削除して、細工した不正アプリのインストールを求めるほか、侵入先のデバイスでSMSを盗聴して、外部へ送信する。

同社では、こうした攻撃を防ぐため、不要な場合は「USBデバッグモード」を無効にしたり、信頼できないコンピュータに端末を接続する際は注意することを推奨。セキュリティ対策ソフトの活用なども呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

個人向けESET製品でモニターキャンペーン
佐川装う悪質SMS、相談件数が10月以降急増 - iOS利用者も標的に
「みずほダイレクトアプリ」に盗聴や改ざんのおそれ - 修正版がリリース
Androidを侵入口に変える「TimpDoor」がSMSで拡散 - 5000台が感染か
BBSS、ネット詐欺対策ソフトに新版 - Androidアプリ内ブラウザで利用可能に
カスペ、小規模オフィス向け製品に新版 - ファイルサーバの対策機能など強化
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「FIDO2」による指紋ログイン認証が開始 - ヤフー
一部Androidエミュレータがデバッグ経路をネット公開 - コインマイナー感染活動の標的に
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷