Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、クラウド利用者向けにセキュリティサービス

HDEは、クラウド利用者向けにセキュリティサービス「HDE One」を提供開始した。

同サービスは、IPアドレスや端末情報、ワンタイムパスワードなどを利用したシングルサインオン環境や、端末へファイルをダウンロードさせないセキュアブラウザ、メールセキュリティなどを組み合わせたクラウド利用者向けのセキュリティソリューション。

200名規模で導入した場合の価格は、1ユーザーあたり6000円/年。同社では、2015年末までに100万ユーザーの導入を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
独自エンジンで相関分析するサーバ監視サービス - NTTデータ先技
富士通とUpstream、コネクテッドカー向けセキュリティで協業
不正なAPや端末を検知するWi-Fi監視サービス - スプライン
機械学習用いた株式不正売買審査の支援サービス - NEC
クラウドの利用実態を可視化するサービス - 日立ソ
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
デジタルハーツHDとラック、脅威ベースペネトレ事業で合弁