Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HDE、クラウド利用者向けにセキュリティサービス

HDEは、クラウド利用者向けにセキュリティサービス「HDE One」を提供開始した。

同サービスは、IPアドレスや端末情報、ワンタイムパスワードなどを利用したシングルサインオン環境や、端末へファイルをダウンロードさせないセキュアブラウザ、メールセキュリティなどを組み合わせたクラウド利用者向けのセキュリティソリューション。

200名規模で導入した場合の価格は、1ユーザーあたり6000円/年。同社では、2015年末までに100万ユーザーの導入を目指してサービスを展開していく。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
既存のメール脅威対策を評価する無料サービス - 「Office 365」環境向けに
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
デルら、「VMware Cloud on AWS」向けにデータ保護ソリューション
AWS利用時のセキュリティ評価を定額パッケージで - PwC
ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
マカフィーとソフバンテク、「CASB」のMSS展開で協業
AWS利用環境のセキュリティリスク診断サービス - CTC