Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

UBIC、専用ラボラトリーを設置してeディスカバリサービスを強化

UBICは、eディスカバリ関連サービスを強化するため、専用ラボラトリー「DOC(Discovery Operation Center)」を同社内に設置した。

同センターでは、eディスカバリに必要な全工程をワンストップで処理することが可能で、国外に持ち出さずに調査を実施することが可能。生体認証や金属探知機による入退室チェックなど、セキュリティ面にも配慮しているという。

また東京や米国、韓国、台湾の拠点と常時接続するなど、世界各地の情報をリアルタイムで共有できるよう設計。各地のスタッフや弁護士との連携を実現し、よりスピーディなサービスを目指す。

(Security NEXT - 2014/01/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

CISO設置組織も半数超はセキュリティの事業リスクを未評価
「情報セキュリティサービス基準」、2020年度1Qの募集が開始に
国際金融取引システムの不正送金に北朝鮮「APT38」が関与 - 外交交渉の裏で止まぬ攻撃
顔認証による空港搭乗手続きで個人データ取扱ガイド - 国交省
「SMBv3」の脆弱性判明以降、探索行為が増加
国立感染症研に不正アクセス - 掲示板に書き込み
約半数の企業が情報セキュリティ対策を重点的に推進
カードゲーム通販サイトで情報流出 - 旧サーバに不正アクセスか
サイバー攻撃の経緯や調査方法などを明らかに - 三菱電機
金融機関の4割、攻撃を経験 - 1割で業務などに影響