Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

農研機構や生物研でメールアカウントの乗っ取り被害 - スパム送信の踏み台に

農業・食品産業技術総合研究機構や農業生物資源研究所で、職員のメールアカウントがスパムメールの送信に悪用される被害が相次いで発生していたことがわかった。

農研機構では、2013年12月31日に研究員のメールアカウントが不正に利用され、スパムメールが大量に送信されていることに気が付いた。生物研においても不正メールを大量送信するために、職員のメールアカウントが乗っ取られていることが1月6日に判明したという。

いずれの組織も、対策を講じた上で被害が発生した原因などを調べているが、今回の不正アクセスにともなう機密情報の漏洩は確認されていないと説明。関連する不審なメールを受信した場合は、削除してほしいと注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Firefox 74.0.1」が公開、ゼロデイ脆弱性を修正 - 標的型攻撃を確認
BD製医療機器にキオスクモード回避のおそれ
ウェブ実行環境を分離するクラウドサービス - プルーフポイント
新ビジネスモデルを個人情報保護の観点から相談できる窓口
「ウイルスに感染している」とiPhoneで偽通知 - カレンダー招待機能を悪用
国交省、自動運転車の安全基準を策定 - サイバーセキュリティの確保も
複数小学校でアンケート結果や通知表などを誤配布 - 大阪市
組織内に新型コロナ感染者や濃厚接触者、情報提供時の注意点は?
新型コロナ対策での個人データ活用、例外規定適用に言及 - 個情委
フィッシング攻撃が過熱 - サイト件数など過去最多