Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「JVN iPedia」に登録されたAndroid関連の脆弱性は187件 - アプリが7割

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性データベース「JVN iPedia」へ登録されたAndroid関連の脆弱性動向について取りまとめた。7割はアプリに関する脆弱性だったという。

「JVN iPedia」は、国内外の脆弱性情報を収録しているデータベース。2013年末までに同データベースに登録されたAndroid関連の脆弱性は187件。OSに関する脆弱性は54件で、のこる133件の脆弱性はアプリに関するものだった。

20140121ip_002.jpg
Androidアプリの脆弱性登録状況(グラフ:IPA)

アプリの内訳を見ると、ブラウザやメールといった「通信」が58件で最多。「SNS」が21件で次いで多く、「仕事効率化(20件)」や「ツール(15件)」が僅差で続いた。

一方脆弱性の内容を見ると、アプリが管理するデータが改ざんされる可能性がある「認可、権限、アクセス制御」が32件で突出しており、「情報漏洩(9件)」「不適切な入力確認(7件)」と大きな差が開いた。

同機構では、通信関連のアプリやSNSアプリの脆弱性が悪用されると、通信内容や履歴、連絡先の情報などが漏洩する可能性もあることを利用者側で認識しておく必要があると指摘。スマートフォンでもパソコン同様、速やかなアップデートが求められると説明する。

また開発者についても、脆弱性を含まない安全なアプリ開発を積極的に進める必要があるとして、対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

6月のマルウェア検出、3割弱減 - 「MS17-010」悪用が増加
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
ウェブ経由のマルウェア、「WordPress」改ざんサイトから多数検知
対GPONルータ攻撃を観測 - 同発信元から仮想通貨発掘ソフト狙うアクセスも
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
「Mirai」亜種に狙われる脆弱IoT端末、50万台以上稼働か
主要50脆弱性、34%は開示日にエクスプロイトが公開 - 76%で攻撃者が防御側を先行
「WannaCrypt」騒ぎから1年経過するも国内端末の1割に感染リスク
2018年1Qの脆弱性届出は138件 - 前四半期から倍増
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者