Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドの仮想環境でマルウェア解析する「WildFire」が「Android」をサポート

パロアルトネットワークスは、アプリケーション制御やマルウェアの解析機能などを備える同社ファイアウォールの最新OS「PAN-OS 6.0」をリリースした。

最新版では、クラウド環境の仮想サンドボックスでマルウェアを解析する「WildFire」の機能強化を実施。「Windows 7」「Android」のサンドボックス分析に対応したほか、「PDF」「Officeファイル」「Java」「APK」といったファイルの分析が可能となった。

また、DNS通信のモニタリングにより、悪意あるドメインの検出に対応。「コマンド&コントロールサーバ」との通信を検知、遮断できる。またインシデント対応データの確認画面のユーザビリティを向上させた。

(Security NEXT - 2014/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NFV向けソリューションをドコモ5G環境で検証 - トレンド
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
セキュリティ機能搭載の仮想通貨ウォレット - ペンタセキュリティ
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
仮想通貨関連の広告審査サービス - イー・ガーディアン
仮想ネットワークより10Gbpsの全通信データを取得する新技術 - NEDOと富士通
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
ウェブアプリ脆弱性検査サービス「VAddy」がプライベートネットワークの検査に対応
米HPE Software、バックアップの集中管理ソリューション - 改ざん防止機能も
DNP、制御システムへのサイバー攻撃対策が学べるコースを新設