Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

クラウドの仮想環境でマルウェア解析する「WildFire」が「Android」をサポート

パロアルトネットワークスは、アプリケーション制御やマルウェアの解析機能などを備える同社ファイアウォールの最新OS「PAN-OS 6.0」をリリースした。

最新版では、クラウド環境の仮想サンドボックスでマルウェアを解析する「WildFire」の機能強化を実施。「Windows 7」「Android」のサンドボックス分析に対応したほか、「PDF」「Officeファイル」「Java」「APK」といったファイルの分析が可能となった。

また、DNS通信のモニタリングにより、悪意あるドメインの検出に対応。「コマンド&コントロールサーバ」との通信を検知、遮断できる。またインシデント対応データの確認画面のユーザビリティを向上させた。

(Security NEXT - 2014/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始
開発段階の車載ECUに脆弱性検査を行える「ThreatHive」 - アズジェント
カスペ、ハイブリッド環境を一元管理できるセキュリティ製品
ウェブ分離をクラウドサービスで提供 - アイテック阪急阪神
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
仮想通貨取引所向けのセキュリティ評価サービス - ニュートン
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から