Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイア・アイ、小規模オフィス向けの新モデルを追加

ファイア・アイは、小規模のオフィスに対応するセキュリティアプライアンス「FireEye NX 900」の提供を開始した。

同製品は、企業のブランチオフィスなどをターゲットとしたセキュリティアプライアンス。米国において2013年第4四半期に投入されたモデルで、今回あらたに国内向けの提供を開始した。

仮想環境を利用した検出エンジン「FireEye Multi-Vector Virtual Execution(MVX)」により、ダウンロードするファイルの不正な振る舞いを解析し、ウェブサイトなどを経由したマルウェアの侵入を防ぐ。

今回、リモートオフィスやブランチオフィスなど小規模環境に対応する新モデルを追加し、ラインナップを充実させた。価格は、167万8950円から。

(Security NEXT - 2014/01/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
人材育成と研究で「サイバーセキュリティセンター」開設 - 日立グループ
ウェブ閲覧環境分離するアイソレーションサービスを開始 - インテック
企業向けクラウドバックアップサービス2種を開始 - Arcserve Japan
ALSI、情報漏洩対策製品に新版 - 不審操作の通知機能
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
仮想環境向け製品を公共機関に割引価格で提供 - パロアルト
DDoS対策と不正通信遮断に対応した「AED」 - アーバー
サイバー保険付帯のサーバ脆弱性対策サービス
カスペ、クラウドによるサンドボックス解析サービスを開始