Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、Javaの脆弱性34件を修正 - リモートでコード実行のおそれ

Oracleは、四半期に1度の定例アップデートで「Java」における脆弱性34件を修正した。深刻な脆弱性14件の修正が含まれる。

「JDK」および「JRE」において、悪意あるウェブサイトを閲覧した際に、任意のコードを実行される深刻な脆弱性をはじめ、34件の脆弱性に対応したもの。共通脆弱性評価システム「CVSS v2」において、スコアが「7.0」以上の「レベルIII(危険)」とされる脆弱性は14件にのぼる。

影響を受けるのは、「同7 Update 45」「同6 Update 65」「同5.0 Update 55」および「JavaFX 2.2.45」。以前のバージョンも含まれる。

同社では脆弱性を修正した最新版を公開。同社やセキュリティ関連機関では、最新版へのアップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2014/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

DHCPサーバ「Kea」、リソース枯渇によるサービス停止のおそれ
脆弱性緩和ツール「EMET」、7月31日にサポート終了 - 「Windows 7」環境などに影響
「Flash Player」にセキュリティアップデート、深刻な脆弱性を解消 - 悪用は未確認
7月のMS月例パッチが公開、脆弱性53件を修正 - 「緊急」は17件
「Adobe Acrobat/Reader」に51件の深刻な脆弱性 - あわせて100件以上を修正
Apple、Mac向けにセキュリティアップデート - 「Safari」最新版も
Apple、「iOS 11.4.1」をリリース - 脆弱性22件を修正
Android アプリ「DHCオンラインショップ」に脆弱性
Apple、「Boot Camp」向けに脆弱性「KRACK」対策のアップデート
「WordPress」の脆弱性、重要ファイル削除のおそれ - コード実行のおそれも