Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

豊通シスコム、法人向けサービス「ITポリス」をワールドワイドで展開

豊通シスコムは、企業向け総合セキュリティサービス「ITポリス」を、日本国内外で展開すると発表した。手はじめに「ザ・張り込み」「ザ・取り調べ」などのメニューを用意した標的型攻撃対策サービスを展開する。

同サービスは、セキュリティ対策やコンサルティング、従業員向けのセキュリティ教育などを総合的に提供するもの。トレンドマイクロとの協業により実現したもので、日本をはじめ、米国や中国、東南アジアなど8つの国と地域で展開し、今後3年間で10億円の売上を目指すという。

第1弾として標的型攻撃対策サービス「サイバーシールド24」を展開。提供にあたっては、トレンドマイクロより機器の提供や、監視、駆除、復旧サービス、豊通シスコムにおけるエンジニアの育成などの支援を受ける。

3種類のメニューで構成されており、「ザ・張り込み」では、監視センターから顧客企業のネットワーク状況を24時間体制で監視。脅威発生時には緊急連絡や対処法のアドバイスなどを行う。

「ザ・取り調べ」では、ネットワーク環境の現状調査を行ってサイバー攻撃リスクを可視化。さらに「ザ・逮捕」では、検知した不正プログラムの駆除や検体の分析、復旧支援などを提供する。「サイバーシールド24」の料金は、1回あたり157万5000円から。

(Security NEXT - 2014/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス