Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数のAndroid向けファイル管理アプリに脆弱性 - アップデートが公開

Android向けに提供されている複数のファイル管理アプリやアーカイブアプリに、「ディレクトリトラバ—サル」の脆弱性が存在することがわかった。いずれも脆弱性を解消した最新版が公開されている。

SkyArts.comが提供するメモ機能を備えたファイル管理アプリ「NeoFiler」や、CGENEが提供するファイル管理アプリ「キュリティーファイルマネージャー」にディレクトリトラバーサルの脆弱性が判明したもの。また「tetra filer」や「解凍ツール」といったツールにも同様の脆弱性が見つかっている。

脆弱性ポータルサイトのJVNによれば、脆弱性が悪用されると、遠隔よりアプリの権限でアクセス可能なディレクトリへ、利用者の意図に反してファイルを作成されたり、既存のファイルを上書きされたりするおそれがあるという。

これら脆弱性は、さくら情報システムの小池亮平氏が情報処理推進機構(IPA)へ報告したもので、修正にあたってはJPCERTコーディネーションセンターが調整を実施した。いずれの脆弱性もGoogle Playで公開されている最新版で修正済みとなっている。

(Security NEXT - 2014/01/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Tenable製ツール用いたSaaS型のウェブアプリ脆弱性診断サービス
コンテナ管理の「Kubernetes」に深刻な脆弱性
WordPress向けプラグイン「LoginPress」に脆弱性
2009年10月以降出荷のパナ製Windows PCに脆弱性 - 修正ユーティリティを公開
Ciscoのライセンス管理製品に深刻な脆弱性 - SQLiによりシェルの実行も可能に
Sennheiserのヘッドセット用ソフトに脆弱性 - アンインストール後も影響
「EC-CUBE」にオープンリダイレクトの脆弱性 - 修正版などリリース
「Samba」に複数の脆弱性、パッチの適用を
リコー製電子ホワイトボードに複数の脆弱性
脆弱ライブラリ同梱した「Apache Struts」、「Webex」などCisco製品にも影響