Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトの移設作業で顧客情報流出が発生 - 東京建物不動産販売

東京建物不動産販売のウェブサイトにおいて、ウェブサーバ上の顧客情報に外部より一時アクセス可能となり、流出していたことがわかった。

同社によれば、11月にウェブサイトのデータセンター移行にともない調査を実施したところ判明したもの。サイトの移行作業を開始した2013年10月22日から問題が判明した12月19日までの間、ウェブサーバ上のバックアップデータが、インターネット経由でアクセス可能な状態だったという。

同社がログを解析したところ、11月20日、29日とあわせて3回にわたり、中国を発信元とするIPアドレスよりバックアップデータにアクセスがあり、ダウンロードされていた。

バックアップデータは、2007年以降に同サイトのフォームから問い合わせを行った顧客2292件の入力情報で、氏名、住所、電話番号、年齢、性別、メールアドレス、問い合わせ内容などが含まれる。

同社では不正アクセス判明後、バックアップしていたデータを削除するとともに警察や国土交通省へ届けた。また対象となる顧客に、報告と謝罪の文書を送付している。

(Security NEXT - 2014/01/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

アンケートシステムに不正アクセス、個人情報が流出 - Z会グループ会社
通販サイトに不正アクセス、顧客情報流出の可能性 - フレーバーライフ社
ホテル予約者情報の流出、影響が波及 - 大規模から小規模まで
「シャレード文庫」メルマガ会員のアカウント情報が流出 - 二見書房
複数自治体などの省エネ支援サイトから登録者情報が流出 - 同一DB上データに影響波及
東急ホテルズやイシン・ホテルズなども流出被害を公表
宿泊予約サイトの情報流出、原因はバックドア - 施設にGDPRの通知支援なども
ホテル事業者による個人情報流出の発表相次ぐ
ワシントンホテルやホテルグレイスリーなどの予約者情報が流出
リッチモンドホテルの顧客情報が流出 - FastBookingへの不正アクセス影響で