Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECと三菱商事、インフォセックの事業を強化

NECと三菱商事は、三菱商事が保有するインフォセック株式の60%をNECが取得することで合意した。2014年2月を目処に2社による共同経営体制に移行する。

今回の合弁事業化は、サイバーセキュリティサービス分野の強化を目指したもので、コンサルティングサービスとシステムソリューションサービスを充実させていくもの。

インフォセックのコンサルタント、エンジニア、三菱商事の事業マネジメント力とグローバルな情報収集力、NECのプロジェクトマネジメント力およびサイバーセキュリティファクトリーのノウハウを活用し、インフォセックの機能強化を目指す。

(Security NEXT - 2013/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証標準「FIDO2」、製品を初認定 - 対応ブラウザも
Pマーク、2017年度の事故報告は2399件 - 4件に1件は「メール誤送信」
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
4社に1社がパーソナルデータを利活用 - 検討含めると5割弱
「WordPress」のプラグイン狙う攻撃が急増 - 前四半期の10倍超に
アカウント情報の闇相場、「銀行口座」など高値 - 攻撃者はPWリスト攻撃目的で入手か
定例パッチ公開日、盆休みを直撃 - 夏期休暇に備えてセキュリティ対策を
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
情報処理安全確保支援士の合格率は16.9% - 平均年齢は35.3歳