Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NECと三菱商事、インフォセックの事業を強化

NECと三菱商事は、三菱商事が保有するインフォセック株式の60%をNECが取得することで合意した。2014年2月を目処に2社による共同経営体制に移行する。

今回の合弁事業化は、サイバーセキュリティサービス分野の強化を目指したもので、コンサルティングサービスとシステムソリューションサービスを充実させていくもの。

インフォセックのコンサルタント、エンジニア、三菱商事の事業マネジメント力とグローバルな情報収集力、NECのプロジェクトマネジメント力およびサイバーセキュリティファクトリーのノウハウを活用し、インフォセックの機能強化を目指す。

(Security NEXT - 2013/12/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

公共空間のカメラ画像取得告知で参考事例集
総務省、JPRSに「.jp」ドメインの適切な管理を要請 - 不適切利用問題受け
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
2018年はフィッシング攻撃が36%増 - HTTPSで安全演出も
安全なデータ利活用の企業実態について報告書 - IPA
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
音声SIM入手のためにフィッシングで得た個人情報を利用か - NifMoが対策
32764番と37215番ポートへのアクセス増 - 複数メーカーのルータ脆弱性狙いか
ココン、クロスワープのセキュリティ部門を取得