Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「登録IDを変更した」とセゾンカード利用者を騙すフィッシング攻撃

セゾンカードの利用者向けサービス「セゾンNetアンサー」を装ったフィッシング攻撃が確認された。サービスを運営するクレディセゾンやフィッシング対策協議会では、誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

20131226ap_001.jpg
フィッシング対策協議会が確認したフィッシングサイト

問題のフィッシングメールは、「第三者によるアクセスを確認したため、登録IDを暫定的に変更した」などと不安を煽る内容。「任意のIDへ再変更をお願いします」などと説明し、偽サイトへ誘導する。

偽サイトは、「Netアンサー再登録フォーム」などと記載されており、カード番号や有効期限、生年月日、セキュリティコード、メールアドレス、ID、パスワードなどを騙し取る。

現在確認されているフィッシングサイトでは、ドメインに「saisoncardco.jp」を利用。クレディセゾンの正規ドメイン「saisoncard.co.jp/」の「co」手前にドットが入っていないドメインを悪用していた。

クレディセゾンや同協議会では、誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけている。また12月26日の時点でフィッシングサイトは稼働しており、同協議会では、サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、類似のフィッシングサイトやメールを発見した場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
「MyEtherWallet」装うフィッシング攻撃に注意 - 複数URLで稼働
書き出しが「Appleをご利用いただきありがとうございますが、」のフィッシングメール
フィッシング報告数、前月同様に高水準 - URLは16%減
複数アカウントが迷惑メール送信の踏み台に - 東北工業大
不正アクセスで迷惑メールの踏み台に - 京都教育大