Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「登録IDを変更した」とセゾンカード利用者を騙すフィッシング攻撃

セゾンカードの利用者向けサービス「セゾンNetアンサー」を装ったフィッシング攻撃が確認された。サービスを運営するクレディセゾンやフィッシング対策協議会では、誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

20131226ap_001.jpg
フィッシング対策協議会が確認したフィッシングサイト

問題のフィッシングメールは、「第三者によるアクセスを確認したため、登録IDを暫定的に変更した」などと不安を煽る内容。「任意のIDへ再変更をお願いします」などと説明し、偽サイトへ誘導する。

偽サイトは、「Netアンサー再登録フォーム」などと記載されており、カード番号や有効期限、生年月日、セキュリティコード、メールアドレス、ID、パスワードなどを騙し取る。

現在確認されているフィッシングサイトでは、ドメインに「saisoncardco.jp」を利用。クレディセゾンの正規ドメイン「saisoncard.co.jp/」の「co」手前にドットが入っていないドメインを悪用していた。

クレディセゾンや同協議会では、誤って情報を送信しないよう注意を呼びかけている。また12月26日の時点でフィッシングサイトは稼働しており、同協議会では、サイトの閉鎖に向けてJPCERTコーディネーションセンターへ調査を依頼した。

同協議会では、類似のフィッシングサイトやメールを発見した場合は、情報提供してほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2013/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小金融機関のセキュリティ対策底上げが課題 - 金融庁
MS 365のメール脅威を30日間可視化する無償サービス
フィッシングサイト、1カ月で5481件 - 報告数とともに最多記録を更新
SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
2019年のフィッシング報告は約5.6万件 - 前年の2.8倍に
事業者やネット利用者向けのフィッシングGLを改定 - フィ対協