Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

dit、ネットワークパケットを収集してリアルタイム解析できるアプライアンス

ディアイティは、米WildPacketsのパケット収集分析アプライアンス「Omniplianceシリーズ」を2014年1月1日より販売開始する。

同シリーズは、ネットワークにおいてパケットをロスすることなくキャプチャし、解析できるアプライアンス。インシデント発生時などに、リアルタイムで解析したり、過去のデータを調査することができる。

通信容量にあわせて3モデルをラインナップに用意。最上位モデルの「Omnipliance TL」では、最大20Gbpsのネットワークに対応。「Omnipliance MX」では最大8.8Gbps、「Omnipliance CX」では最大3.8Gbpsに対応する。

またマトリックススイッチを組み合わせることにより、複数台構成にも対応。「Omnipliance TL」を2台導入することで、40Gbpsの通信に対応。SANを利用し、外部のストレージに保存することもできる。

価格は、「Omnipliance TL」が1039万5000円から。「Omnipliance MX」が588万円から。「Omnipliance CX」が220万5000円から。

(Security NEXT - 2013/12/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

パナとトレンド、自動車分野のセキュリティで共同開発
JPRS、学習書籍「インターネットのひみつ」を小学校や図書館に寄贈 - 電子書籍も公開
EMC、フォレンジックツールに新版 - 関連イベントの時系列表示機能など追加
dit、Savvius製のネットワーク品質監視ツールを発売
マクニカネット、蘭SecurityMatters製の制御システム向けセキュリティソリューション
NEC、AIを活用した脅威分析システムをセキュリティ監視サービスに導入
三菱重工とNTT、サイバー攻撃から制御システムを保護する新技術
シマンテック、自動車のCANにおける異常通信を検知するソフト
トレンド、制御システムで不正アプリの起動を阻止する新製品
カスペ、国内で制御システム向けセキュリティ対策サービスを開始