Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

OS移行期間のセキュリティを強化する「Windows XP」利用者向けサービス

富士通エフサスは、「Windows XP」のサポート終了後から移行するまでのセキュリティ対策を強化する「セキュリティ5対策サービス」を提供する。

同サービスは、8月より提供している「Windows XP移行支援サービス」を構成する「仮想化サービス」「OS移行サービス」「セキュリティ対策サービス」のうち、「セキュリティ対策サービス」を強化したもの。

UTM製品による攻撃の遮断や、エンドポイントのふるまい検知、不正な通信を遮断するセキュリティスイッチを利用した感染被害拡大の防止、サーバ経由の情報漏洩防止、オフライン端末におけるウイルス感染の定期チェックなど、セキュリティ強化策を提供する。

また移行プランを提案する「Windows XP移行無償診断キャンペーン」の期間を、当初予定していた12月末から2014年3月末まで延長した。「XP移行相談センター」も継続し、移行を検討中の顧客からの問い合わせに対応する。

(Security NEXT - 2013/12/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

富士通SSL、IoTや組込機器向けに不正プログラム対策 - 製造メーカーへ供給
「WannaCrypt」の復号キーをメモリから取得する「WannaKey」
シェア3位目指すESET - 法人製品の新版や暗号化製品の投入も
双日システムズ、IE互換ブラウザ「thinforie」を機能強化
「FFR yarai」と「ESET」の共存を動作保証
NTT西、中小企業向けICTサポートサービス「オフィス安心パック」を提供
日本マイクロソフト、XP利用者向けに最新OSへのデータ移行ツールを無償提供
期間限定で利用できる無料のIT資産調査ツール - XPサポート終了需要に対応
Windows XPサポート終了後も同OS上のMSEなどへ最新定義ファイルを提供 - 2015年7月まで
「IE 8」のゼロデイ攻撃も防いだ「EMET」新版まもなく公開へ - サポート対象となり導入検討企業が増加中