Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTコム、従業員のパスワード管理をサポートする「Bizパスワード」

NTTコミュニケーションズは、インターネットサービスや組織システムのIDやパスワードを一元管理し、自動ログインを実現するクラウド型パスワード管理サービスを提供開始した。

今回提供する「Bizパスワード」では、複数のウェブサービスや社内システムへのログインパスワードを「マスターパスワード」により集中管理できるソリューション。初回ログイン時にIDとパスワードを登録すれば、次回以降は自動でログインできる。

端末とサーバ間の通信は暗号化されており、同社のクラウド上においても、IDとパスワードを暗号化して保存。保存したデータは、パソコンに限らず、スマートデバイスなどからも利用できる。

また管理者向けポータルからユーザーの一元管理が可能。アカウントの追加、削除のほか、端末紛失時など、アカウントをロックできる。価格は、10アカウントあたり月額2100円。追加は1アカウント210円。初期費用は無料。

(Security NEXT - 2013/12/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
家庭内LANの安全性診断ツールに脆弱性診断機能を追加 - 「Mirai」が狙うポートの開放状況もチェック
Windows向けにスマホを利用する独自のOTPソフト - パスロジ
Avast、「Chromium」ベースのプライバシー保護ブラウザ
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
エンカレッジ、管理者アカウントの一元管理製品 - OTPの発行にも対応
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品を拡充 - 3製品を投入
ソリトン、アカウント情報の漏洩状況を調べるサービス
サービス全体を対象としたIoT脆弱性診断 - サイバートラスト