Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、モバイルデバイスの安全な業務利用を実現する「そとビズ」を提供

NECビッグローブは、スマートフォンやタブレットを活用するためのモバイルソリューション「そとビズ」を提供開始した。

同サービスは、スマートフォンやタブレットの業務利用を支援するソリューションで、4種類のサービスで構成されている。モバイル端末により組織内部のPCへアクセスできるリモートデスクトップサービスとして、スプラッシュトップの「Splashtop Business」を提供。料金は1ユーザーあたり1050円/月。

またMDM機能として、インヴェンティットの「MobiConnect BEGIN」を提供。端末紛失時の遠隔ロックや初期化のほか、端末のパスワード設定を強制する機能も提供する。1端末あたり210円/月。

さらにウイルス対策サービスでは、「マカフィー・マルチアクセス for ビジネス」を提供。月額525円で、「Windows」「Mac OS X」「Android」を自由に組み合わせて5台まで利用できる。

高速モバイルサービスでは、NTTドコモのXiエリアとFOMAエリアで利用できる「BIGLOBE LTE・3G」を提供。月額770円で利用できるエントリープランなど4つのプランを用意した。

いずれも、利用には法人向け会員サービス「BIGLOBEオフィスサービス」の加入が必要。価格は、管理者IDが月額525円。利用者IDは4件まで無料。5件目以降はID1件あたり月額315円。

(Security NEXT - 2013/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

腕の動きやデバイス角度などで「なりすまし」を検知するモバイル向けSDK
NTTテクノクロス、モバイルカメラを使った静脈認証ソリューション
Avast、モバイル向けセキュリティアプリを刷新 - AVGの検出技術を統合
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
IBM、自動車やSCADAにも対応するセキュリティテストサービス - ヒューマンリスクも判断
iOS版「ノートンモバイル」にPW管理機能 - iOSシェア高い日本向けに
NEC、顔認証に対応したユーザーデータ活用基盤基盤ソフトを提供
Lookout、自社開発したiOS向けアプリの危険性評価機能を提供
ファイル非改ざんの確認機能やランサム対策を搭載したバックアップソフト