Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

BIGLOBE、モバイルデバイスの安全な業務利用を実現する「そとビズ」を提供

NECビッグローブは、スマートフォンやタブレットを活用するためのモバイルソリューション「そとビズ」を提供開始した。

同サービスは、スマートフォンやタブレットの業務利用を支援するソリューションで、4種類のサービスで構成されている。モバイル端末により組織内部のPCへアクセスできるリモートデスクトップサービスとして、スプラッシュトップの「Splashtop Business」を提供。料金は1ユーザーあたり1050円/月。

またMDM機能として、インヴェンティットの「MobiConnect BEGIN」を提供。端末紛失時の遠隔ロックや初期化のほか、端末のパスワード設定を強制する機能も提供する。1端末あたり210円/月。

さらにウイルス対策サービスでは、「マカフィー・マルチアクセス for ビジネス」を提供。月額525円で、「Windows」「Mac OS X」「Android」を自由に組み合わせて5台まで利用できる。

高速モバイルサービスでは、NTTドコモのXiエリアとFOMAエリアで利用できる「BIGLOBE LTE・3G」を提供。月額770円で利用できるエントリープランなど4つのプランを用意した。

いずれも、利用には法人向け会員サービス「BIGLOBEオフィスサービス」の加入が必要。価格は、管理者IDが月額525円。利用者IDは4件まで無料。5件目以降はID1件あたり月額315円。

(Security NEXT - 2013/12/10 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

SMS認証に入力画面の判別機能 - PayPay
スマートデバイス向けEDRをリリース - サイバーリーズン
PW管理製品に新製品、流出状況のチェック機能 - エフセキュア
リモート環境のセキュリティ診断サービスを開始 - セキュアワークス
「タチコマ」コラボのAndroid向けセキュリティアプリ - NICTが実証実験
「カメラ制限」で実証実験 - スマホ持込許可しつつリスク低減
IoTのセキュリティ対策をトータルに支援するサービス - 富士通SSL
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
A10ら、ビジネス版LINEの私的利用を防ぐソリューション