Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

海外の海賊版販売サイトをブロックする取組、CODAとセキュリティ企業が連携

コンテンツ海外流通促進機構(CODA)は、海外の著作権侵害サイトに対する国内からのアクセスを抑止する取り組みを開始した。セキュリティ関連企業5社との情報共有により、アクセスブロックや注意喚起を行う。

同機構では、日本の消費者をターゲットにした海賊版販売サイトが中国、台湾、香港などの東アジア地域に多数存在することを把握しており、現地政府への摘発要請を実施。著作権侵害サイトの利用者を減らす活動にも注力するため、セキュリティ関連企業に協力を要請した。

12月5日時点で、同取り組みに参加を表明しているのはアルプスシステムインテグレーション(ALSI)、セキュアブレイン、ソースネクスト、トレンドマイクロ、BBソフトサービスの5社。

具体的には、同機構が保有する海外の著作権侵害サイトの情報をセキュリティ関連企業に提供。各企業は自社のフィルタリングソフトやサービスに情報を反映させ、利用者がサイトにアクセスしようとした際には、ブロックしたり注意喚起メッセージを表示する。

(Security NEXT - 2013/12/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

メルカリで海賊版「Office」を販売して逮捕 - 認証回避プログラムもあわせて提供か
「海賊版Auto CAD」のオークション販売で有罪判決
ファイル共有ソフトによる著作権法違反で一斉取り締まり - 44人を検挙
「Share」「PerfectDark」で違法アップロードした男性が送検 - - 摘発多く怖くなり自首
「Share」を通じてマンガをアップロードした男性を逮捕 - これまで1000ファイル公開か
「Share」を通じてマンガ「進撃の巨人」をアップロードした男性を送検
「Share」によるマンガの公開者、相次いで逮捕 - 「アップロードはマナーと考えた」
国内コンテンツを販売した香港在住の男性が逮捕 - 監視システムで初検挙
「PerfectDark」でマンガを違法アップロードした男性を逮捕
発売前の少年ジャンプをアップロードして御用