Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、クラウド型エンドポイントソリューションを発売

ソフォスは、クラウド型のエンドポイントセキュリティソリューション「Sophos Cloud Endpoint」を1月6日より提供開始すると発表した。あわせて評価版の提供を開始している。

同製品は、クラウドを活用したエンドポイント向けのセキュリティソリューション。WindowsやMac OS Xにおけるマルウェア対策を実現する「Sophos Anti-Virus」や、リアルタイムでマルウェアであるか確認する「Sophos Live Anti-Virus」、悪質なURLへのアクセスを制限する「Sophos Live Web Filtering」が含まれる。

またデバイスコントロール機能やクラウド上で集中管理が行えるコンソールを用意。コンソールは英語版となり、日本語対応は来年夏を予定している。

100ユーザーで1年間利用する場合の料金は、1ユーザーあたり2665円。同社がクラウド型のエンドポイント向け製品を投入するのは今回がはじめて。今後「Sophos Cloud」ブランドでセキュリティソリューションを展開していくという。

(Security NEXT - 2013/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

エンドポイント対策強化するサンドボックスとEDR - カスペ
EDRの調査や修正機能を強化 - ソフォス
脅威検知とレスポンスを自動化するEDRソリューション - フォーティネット
キヤノン、ESET製EDRのMSSを開始 - SOCはBBSecが提供
セキュリティ管理製品に新版、クラウド対応を強化 - カスペ
エンドポイント対策製品「Apex One」にSaaS版 - トレンド
ブラウザ分離技術のLight Point Securityを買収 - McAfee
MS、EDRやSIEMを機能強化 - 「MS 365」には内部脅威の対策機能も
エンドポイント対策サービスにEDR機能を追加 - IIJ
ESETの脅威情報サービスを提供 - キヤノンMJ