Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ソフォス、クラウド型エンドポイントソリューションを発売

ソフォスは、クラウド型のエンドポイントセキュリティソリューション「Sophos Cloud Endpoint」を1月6日より提供開始すると発表した。あわせて評価版の提供を開始している。

同製品は、クラウドを活用したエンドポイント向けのセキュリティソリューション。WindowsやMac OS Xにおけるマルウェア対策を実現する「Sophos Anti-Virus」や、リアルタイムでマルウェアであるか確認する「Sophos Live Anti-Virus」、悪質なURLへのアクセスを制限する「Sophos Live Web Filtering」が含まれる。

またデバイスコントロール機能やクラウド上で集中管理が行えるコンソールを用意。コンソールは英語版となり、日本語対応は来年夏を予定している。

100ユーザーで1年間利用する場合の料金は、1ユーザーあたり2665円。同社がクラウド型のエンドポイント向け製品を投入するのは今回がはじめて。今後「Sophos Cloud」ブランドでセキュリティソリューションを展開していくという。

(Security NEXT - 2013/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
アシスト、Ericom製アイソレーション製品を提供 - 「VOTIRO」をビルトイン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
日立ソ、エンドポイントにおけるインシデントの分析や復旧を支援
エフセキュア、法人向けエンドポイント製品に新版 - 「ディープガード」に機械学習を応用
深層学習によるマルウェア対策「Deep Instinct」 - 「セキュリティ分野で世界初」と他社をけん制
Avast、中小企業向けセキュリティ対策製品 - AVGの技術を統合
インシデント対応を支援する拡張機能をリリース - タニウム
PwC、「Windows Defender ATP」を活用したセキュリティ対策サービス
NTT西、セキュリティ人材約400人を活用して一元的にセキュリティ支援