Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、メール誤送信対策ソフト「m-FILTER MailAdviser」の最新版

デジタルアーツは、メール誤送信対策ソフトの最新版「m-FILTER MailAdviser Ver.2」を発売した。

同ソフトは、メール送信時にポップアップ画面を表示することで、宛先のミスや本文中の記載ミス、添付ファイルの暗号化し忘れなど、目視による確認により誤送信の防止を支援するソリューション。最新版では、ゲートウェイ型メールフィルタリングソフト「m-FILTER」との連携を強化した。

2つのソリューションを連携させることで、クライアントPC上でのチェックとゲートウェイによる機械的なポリシーの徹底を行うことが可能。最新版のリリースにあわせ、「m-FILTER」との同時導入における優遇価格を設定するなど、連携ソリューションの販売に注力する。

(Security NEXT - 2013/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツの「m-FILTER」新版、送信ドメイン認証に対応
クラウド版「GUARDIANWALL Mail」を投入 - キヤノンMJ
フィルタリング製品に新版、安全性未確認URLへのPW送信を遮断
「Yahoo!メール」が「DMARC」導入 - なりすましメール対策を強化
防塵防滴仕様のアプライアンスを投入 - ウォッチガード
クラウド型ウェブゲートウェイにログ分析オプション
ラック、顔認識でショルダーハッキングを防止するソフト
ウェブフィルタリングソフトにアイソレーション機能 - ALSI
ネットサービスの不正予兆検知サービス - 不正決済やマネロン、PWリスト攻撃に対応
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加