Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員免許更新支援センターのサーバに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 信州大

信州大学は、同大の一部サーバが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性のあることを明らかにした。

不正アクセスを受けたのは、教員免許状の更新講習について申し込みを受け付けている教員免許更新支援センターのサーバ。9月26日に不正アクセスの痕跡が確認されたため、サーバを停止。事態を公表し、翌27日より外部機関による詳細な調査を行っていた。

調査の結果、2013年7月中旬からサーバを停止した9月26日にかけて不正アクセスを受けていたことが判明。講習申込者の個人情報が流出した可能性があることがわかった。情報の不正利用に関する報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2013/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正アクセスで会員アカウント情報が流出 - 医学関連出版社
SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
聖教新聞通販サイトから個人情報18万件が流出か - 偽決済画面でクレカ情報の詐取も
フリーメールを業務利用、国内外からの不正アクセスで個人情報流出 - 島田市
フィッシングで複数職員がアカウントが乗っ取り被害 - 新潟大
CGソフト通販サイトに不正アクセス - 顧客情報が流出
メールアカウントが不正アクセス被害、スパムの踏み台に - システム開発会社
不正アクセスで不祥事対応の内部情報が流出 - 高知県立大
不正アクセスによる情報流出、件数を訂正 - 日本がん治療認定医機構
排卵検査薬の通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性