Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

教員免許更新支援センターのサーバに不正アクセス、個人情報流出の可能性 - 信州大

信州大学は、同大の一部サーバが不正アクセスを受け、個人情報が流出した可能性のあることを明らかにした。

不正アクセスを受けたのは、教員免許状の更新講習について申し込みを受け付けている教員免許更新支援センターのサーバ。9月26日に不正アクセスの痕跡が確認されたため、サーバを停止。事態を公表し、翌27日より外部機関による詳細な調査を行っていた。

調査の結果、2013年7月中旬からサーバを停止した9月26日にかけて不正アクセスを受けていたことが判明。講習申込者の個人情報が流出した可能性があることがわかった。情報の不正利用に関する報告は受けていないという。

(Security NEXT - 2013/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JICA関連サイト、44回の不正アクセス - 入手アカウントでさらなる情報窃取の可能性
産業機器通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
ファッション通販サイトへの不正アクセス、流出件数修正
肉加工食品通販サイトに不正アクセス - 情報流出でカード不正利用の可能性
JICA関連サイトに不正アクセス - メアドやPWなど流出
「雇用調整助成金」システムの不具合 - ブラウザ「戻るボタン」で意図せぬ表示に
「NarSuS」利用者情報約6万件の流出確認 - アイ・オー・データ
アイ・オーNAS管理サービスへの不正アクセス、複数サーバに痕跡
コインチェックのドメイン管理に不正アクセス - 改ざんで顧客メール窃取か
コインチェック、情報流出懸念の対象件数を修正 - 送金サービスを再開