Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報含むUSBメモリを職員が酔って紛失 - 仙台市

仙台市職員が、個人情報133件などを保存したUSBメモリを鞄ごと紛失したことがわかった。

同市によれば、11月29日夜に職員が市内で飲食したが、翌朝になって、個人情報含むUSBメモリが入っていた鞄を紛失していることに気付いた。職員は、2軒目に立ち寄った店の途中から記憶がない状態だという。

紛失したUSBメモリは、業務用パソコンの入れ替えの際にバックアップとして利用したもので、市有地売払い契約に関する文書が保存されており、133人分の個人情報が記録されていた。

内容は文書によって異なるが、おもに氏名や住所、売払い面積、契約金額などで、一部生年月日や電話番号も含まれる。また法人情報5件のほか、行政運営情報なども保存されていた。

同市では今回の紛失事故を受け、対象となる関係者に電話と文書で説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2013/12/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

職員室保管の個人情報入りPCが所在不明 - 埼玉県立高
手話検定試験の受験者情報含むUSBメモリが所在不明
京大iPS研究所職員を懲戒解雇 - 機密情報持ち出しや盗撮で
幼稚園の届出書などが所在不明 - 大阪府
病院職員が電子カルテを不正閲覧 - 連絡先を取得
県立校で指導要録などを誤って裁断 - 神奈川県
個人情報含む書類持ち帰り紛失、事務遅れ隠す - 山形市
保育園で園児の画像含む記憶メディアを紛失 - 吹田市
学童保育所で個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 八千代市
住民からの問い合わせ、別人に回答メールを送信 - 大阪市